日本語講座 07 「誤用6・整合性」2010/05/19 更新

なんだかよく解らない文章。
始めと終わりが整合していない。

どこが誤りかも解りにくいし、何が言いたいのかも解りにくい。
なんとか言い換えてみましょう。

解説・書き換え例はをクリックしてください

01 やっとの思いで山から下りてきて、まるで一週間何も食べていないので、
おにぎりを4つも平らげてしまいました。
02 泳ぐことにより運動不足や自律神経失調症を目的としたプログラムです。

03

コンピューターのワープロソフトや表計算ソフトは、今や公文書の作成や
複雑なデータの処理に正確さと迅速さが欠かせません。
04 美味しいケーキを作るには、牛乳・バター・卵をふんだんに使って、適度な
香ばしさとマイルドな食感が自慢です。
05

この絵本は物語の題材や話の構成のみでなく、話の展開に合わせた情感
あふれる挿絵が欠かせません

06 一週間以上保存される場合は必ず冷凍し、自然解凍や電子レンジを使用
してもおいしく食べられます。
07 お急ぎの場合は是非タクシーを使うと大幅な時間の節約になります。
08 「ふれあいコーナー」ではお子様達が小動物と直接触れ合い交流を深め、
情操教育に必要なことです。
09 「森林浴」は単にオゾンが豊富であるのみならず、現代人のストレス解消
には近くの雑木林に出掛けて散歩するのも楽しいものです。
10 この話は私が中国の地方都市の繁華街で実際に起こった事件である。
11 遠く離れた異国の地で病に倒れ、学生を始めとする多くの人々の献身的
看病が私の心に強く焼きついている。
12 およそ外国語を学ぶということは、単に言語を学ぶのみならず、異文化に
接して相互理解を深めることはなんと素晴らしいことであろうか。
13 手術後のリハビリで必要なことは、毎日散歩や水泳などの有酸素運動を
したあと、コーヒーを飲みながら、そしてSatieを聴きながら読書をする、な
どという至福の時間を過ごしている。
14 成人式を迎えての感想は、同性からも憧れるような大人になりたいものだ。
15 この塾に入れば子供が自主的に勉強するようになって、希望の難関校に
進学した人の話を聞きました。
16 わが社の社長がチリなど南米に行くと、環太平洋地帯にはいつでも大地震
が発生する危険性があります。
17 乗り越しされたお客様は、お手持ちの乗車券と不足料金を投入すると清算
できる機械です。
18 演劇には言語表現以上に全身を使って相手の心を強く捉える身体表現の
可能性はなんと素晴らしいものであろうか。
19 カザルスは単に優れたチェロ演奏家というだけでなく、国連のレセプションで
カタロニア民謡の「鳥の歌」の演奏で鳥がPiece,Pieceと鳴くことは今後永く
語りつがれるであろう。
20 自信を持つ者には風格があり謙虚な者には品格がある。自信のみ持ち謙虚
でないものは傲慢であり、自信もなく謙虚でもないものは卑屈であり、我々は
常にそれらを求めて自省してゆかねばならぬ。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 01

やっとの思いで山から下りてきて、まるで一週間何も食べていないので、
おにぎりを4つも平らげてしまいました。

まるで」には「〜ようだ/ように」が呼応しなくては不自然であろう。

書き換え例1

やっとの思いで山から下りてきて、まるで一週間何も食べていないかのように
おにぎりを4つも平らげてしまいました。

「一週間何も食べていない」、これが事実であるならば「ように」は却って不適切になる。

書き換え例2

やっとの思いで山から下りてきて、まる一週間何も食べていないので、
おにぎりを4つも平らげてしまいました。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 02

泳ぐことにより運動不足や自律神経失調症を目的としたプログラムです。

「運動不足」や「なんとか症」を目的としてはダメでしょう。

書き換え例

泳ぐことにより運動不足解消や自律神経失調症を予防することを目的としたプログラムです。

「予防」は「改善」「軽減」「緩和」などでも良いかもしれない。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 03

コンピューターのワープロソフトや表計算ソフト今や公文書の作成や
複雑なデータの処理正確さと迅速さ欠かせません。

「今や」は「〜である・〜となった」など、「変化・結果」で受けないと不自然である

ここではソフトに正確さと迅速さが要求されている、と言いたいわけではないだろう。
「公文書の〜処理」に正確さと迅速さが要求されているのだ。
それをコンピューターが実現した、と言いたいのだと解釈する。

書き換え例

コンピューターのワープロソフトや表計算ソフト今や公文書の作成や
複雑なデータの処理
欠かせない正確さと迅速さ実現しているのだ。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 04

美味しいケーキを作るには、牛乳・バター・卵をふんだんに使って、適度な
香ばしさとマイルドな食感が自慢です。

「作るには」自慢です係り受けが不自然である

作るには、〜が求められる。 ならばよいであろう。

自慢ですを活かしたいならば、「作るには」を変える必要がある。

書き換え例1

美味しいケーキを作るには、牛乳・バター・卵をふんだんに使っ、適度な
香ばしさとマイルドな食感が
求められます。

書き換え例2

ケーキ屋さんの宣伝文として、
当店の美味しいケーキ、牛乳・バター・卵をふんだんに使っ、適度な
香ばしさとマイルドな食感が
自慢です。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 05

この絵本は物語の題材や話の構成のみでなく、話の展開に合わせた情感
あふれる挿絵が欠かせません

この絵本は欠かせません係り受けが不自然である

この絵本は全部具えている、と言いたいのか、
一般に絵本には〜が欠かせない、と言いたいのか。
途中で論旨が切り替わってしまっている。

物語の題材や話の構成のみでなく・・・物語の題材や話の構成が「欠かせない」のか?
その良さ・適正さが欠かせないのであろう

書き換え例1

この絵本は物語の題材や話の構成が優れているのみでなく、
話の展開に合わせた情感あふれる挿絵が
豊富に使われています。

書き換え例2

絵本というものは、物語の題材や話の構成が優れているのみでなく、
話の展開に合わせた情感あふれる挿絵が
欠かせません。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 06

一週間以上保存される場合は必ず冷凍、自然解凍や電子レンジを使用
してもおいしく食べられます。

前半と後半のつながりが不自然。
「自然解凍や」「使用しても」のつながりが不自然。

一週間以上保存する場合は必ず冷凍して欲しいこと。
食べる場合は自然解凍でも、電子レンジを使用した解凍でもおいしく食べられること。

この二つの内容がうまく一つにまとまっていない。
無理に一つの文に収める必要もないであろう。

書き換え例

一週間以上保存される場合は必ず冷凍してください。
自然解凍
でも電子レンジを使用してもおいしく食べられます。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 07

お急ぎの場合は是非タクシーを使うと大幅な時間の節約になります。

この「是非」がなければ自然な文章になるのだが。

タクシーを使うと時間が節約できること。
だから是非タクシーを使って欲しいこと。

この二つの内容がうまく一つにまとまっていない。
無理に一つの文に収める必要もないであろう。

書き換え例1  「是非」をなくすだけである。

お急ぎの場合はタクシーを使うと大幅な時間の節約になります。

書き換え例2

お急ぎの場合は是非タクシーをお使いください。
大幅な時間の節約になります。

書き換え例3

タクシーを使うと大幅な時間の節約になります。
お急ぎの場合は
是非ご利用ください。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 08

「ふれあいコーナー」ではお子様達が小動物と直接触れ合い交流を深め、
情操教育に
必要なことです。

「では」の係り受けが不明瞭。
最後の「必要なことです」は「何が」が不明。

書き換え例1

「ふれあいコーナー」ではお子様達が小動物と直接触れ合い交流を深めることができ、
情操教育に
良い結果が得られるでしょう。

書き換え例2

「ふれあいコーナー」ではお子様達が小動物と直接触れ合い交流を深めることができます。
これは情操教育に必要なことです。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 09

「森林浴」は単にオゾンが豊富であるのみならず、現代人のストレス解消
には
近くの雑木林に出掛けて散歩するのも楽しいものです。

やはり係り受けが不明瞭。
なぜ「〜のみならず」なのか、意図が不明。
「森林浴は」と始まった主題が、途中で「ストレス解消には」に替ってしまっている。

書き換え例

「森林浴」は豊富なオゾンの効果で、現代人のストレス解消に有効だとされています。
近くの雑木林に出掛けて散歩するのも楽しいものです。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 10

この話は私が中国の地方都市の繁華街で実際に起こった事件である。

「〜は〜である」の係り受けは明解である。
しかし、「私が」に対応する述部が不明。

書き換え例

この話は私が中国の地方都市の繁華街で実際に目撃した事件である。

こうすれば、「〜は〜である」も、「〜が〜した」も明解になる。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 11

遠く離れた異国の地で病に倒れ、学生を始めとする多くの人々の献身的
看病が私の心に強く焼きついている。

「倒れ」に続くべき部分が不明。
単純に書き換えてみる。

書き換え例

遠く離れた異国の地で病に倒れたときの、学生を始めとする多くの人々の献身的
看病が私の心に強く焼きついている。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 12

およそ外国語を学ぶということ、単に言語を学ぶのみならず、異文化に
接して相互理解を深めること
なんと素晴らしいことであろうか。

最初の「は」の係り受けが不明である。

外国語を学ぶということは、単に言語を学ぶのみならず異文化に接するということ。
異文化に接して相互理解を深めることは素晴らしいことであること。

この二点がうまくつながっていない。
切り離してしまえばよい。

書き換え例

およそ外国語を学ぶということは、単に言語を学ぶのみならず、
異文化に接して相互理解を深めること
なのである。
これはなんと素晴らしいことではなかろうか。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 13

手術後のリハビリで必要なことは、毎日散歩や水泳などの有酸素運動を
したあと、コーヒーを飲みながら、そしてSatieを聴きながら読書をする、な
どという至福の時間を過ごしている。

「必要なことは」の受け手がない。

リハビリに有酸素運動が必要なこと。
その後の至福の時間のこと。

これだけの長さの文ならば切り離した方がよいであろう。

書き換え例

手術後のリハビリで必要なことは、毎日散歩や水泳などの有酸素運動をすることである。
運動の後、コーヒーを飲みながら、そしてSatieを聴きながら読書をする、
などという至福の時間を
過ごしているのである。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 14

成人式を迎えての感想は、同性からも憧れるような大人になりたいものだ。

「感想は」の受け手がない。
「同性からも」には受動態が続かなくてはならない。

書き換え例

成人式を迎えての感想は同性からも憧れられるような大人になりたいことだ。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 15

この塾に入れば子供が自主的に勉強するようになって、希望の難関校に
進学した人の話を聞きました。

「入れば」の受け方が不完全。
「〜そうだ」と実際に「聞いた」という話がこんがらがっている。

書き換え例1

この塾に入ったら子供が自主的に勉強するようになって、希望の難関校に
進学した、
という人の話を聞きました。

書き換え例2

この塾に入れば子供が自主的に勉強するようになるそうです。
お子さんが実際に希望の難関校に進学した人の話を聞きました。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 16

わが社の社長がチリなど南米に行くと、環太平洋地帯にはいつでも大地震
が発生する危険性が
あります。

これでは地震の原因が社長にあるかのようだ。
社長は実際に地震に遭ったことがあるのだろうか。

書き換え例1

わが社の社長よくチリなど南米に行くのですが、環太平洋地帯にはいつでも大地震
が発生する危険性が
あります。

書き換え例2

わが社の社長がチリなど南米に行くとときに小さな地震に遭います。
環太平洋地帯
にはいつでも大地震が発生する危険性があるのです。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 17

乗り越しされたお客様は、お手持ちの乗車券と不足料金を投入すると清算
できる
機械です

客に対する呼びかけが、途中で機械の説明にすりかわっている。
「〜お客様は〜機械です」の係り受けが矛盾している。

書き換え例1

(これは)乗り越しされたお客様お手持ちの乗車券と不足料金を投入すると
清算できる機械です。

書き換え例2

乗り越しされたお客様は清算機をご利用ください。
お手持ちの乗車券と不足料金を投入すると清算できます。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 18

演劇には言語表現以上に全身を使って相手の心を強く捉える身体表現の
可能性はなんと素晴らしいものであろうか。

「〜には」を受ける述部がない。
演劇は言語表現と身体表現からなること。
身体表現の可能性がすばらしいこと。

やはり二つの内容を無理に一つの文にまとめようとして失敗している。

書き換え例1

演劇には言語表現と身体表現の二つの表現手段がある。
全身を使って相手の心を強く捉える身体表現の可能性
、なんと素晴らしいものであろうか

書き換え例2

演劇言語表現と身体表現の二つの表現手段を持つ。
全身を使った身体表現
には、言語表現以上に相手の心を強く捉える素晴らしい可能性がある

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 19

カザルスは単に優れたチェロ演奏家というだけでなく、国連のレセプションで
カタロニア民謡の「鳥の歌」の演奏で鳥がPiece,Pieceと
鳴くことは今後永く
語りつがれるであろう。

語り継がれるのは何なのだろう。
カザルスの偉大さではないのか。

やはり二つの内容を無理に一つの文にまとめようとして失敗している。

書き換え例

カザルスは単に優れたチェロ演奏家というだけではなく、
国連のレセプションでカタロニア民謡の「鳥の歌」を演奏

鳥はPiece,Pieceと鳴くと語り全世界に平和への願いのメッセージを送った。
このことは今後永く語りつがれるであろう

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解説 20

自信を持つ者には風格があり謙虚な者には品格がある。
自信のみ持ち謙虚でないものは
傲慢であり、
自信もなく謙虚でもないものは
卑屈であり、
我々は常に
それらを求めて自省してゆかねばならぬ。

求められるべきなのは何だろう。
傲慢さや卑屈さまで求めてはならないだろう。

求めるべきもの、排すべきものをはっきり表現する必要がある。

書き換え例

自信を持つ者には風格があり謙虚な者には品格がある。
自信のみ持ち謙虚でないものは傲慢であり、
自信もなく謙虚でもないものは卑屈
である。
我々は
傲慢や卑屈に陥ることなく、常に風格と品格を求めて自省してゆかねばならぬ。

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。

Crane Top Page に 直行