四次元コンニャク?

実物大です。

よく見てください。一見不可能図形に見えませんか?
両端がつながったまま、三つ編みができています。

西三数学サークルである人が

「これは四次元コンニャクだ!」

と叫んだので、以後仲間内ではそう呼ばれるようになりました。
料理に使うコンニャクの細工に確かに似ていますね。

これはアメリカインディアンの民芸革細工が原形だそうです。

作り方

 練習用には紙を使うと良いでしょう。
 初めは表裏の区別がある方が解りやすいので、広告の紙など
 を利用すると良いでしょう。
 A4縦を4等分すると、幅が5cm位になります。
 それぞれ両端を3cm位残して2つの切り込みを入れます。

Paintで描きました。面倒だった!   上の写真を回転しただけ。

幅4cm前後、 長さ1m程度の皮帯を用いて、くり返し
作業を続ければ、素敵なオリジナル革ベルトができます。

Crane Top Page に 直行

戻るにはブラウザーの『戻る』をお使いください。